腰痛

こんばんは!愛知県瀬戸市の接骨院、はらやま接骨院のAです。

本日は腰痛についてお話します。

腰痛といっても色々な症状、傷病がありますが、その中でも多いのが筋膜性腰痛です。
椎間板ヘルニア、分離症などの器質的変化が原因となる場合を除き、器質的変化が明らかでないものを筋膜性腰痛と呼びます。
原因は、不良姿勢(背中の丸まり、いわゆる猫背)・筋力低下・急激な体幹部の前後屈や捻り(ぎっくり腰)・筋肉のオーバーユースによる慢性的な筋疲労などが原因と言われてます。
症状は、慢性の場合は「腰の重ダルさ」、急性の場合「安静時痛・動作制限・動作時痛」など。
急性症状の場合は初めにアイシングで冷やし炎症・熱感を鎮めるのが大切です。
その後、症状に応じてお一人お一人に合わせた治療を行っていきます。
慢性の場合は筋緊張が強く、血流も悪くなってるので筋緊張緩和・血流改善を目的に治療します。
最終的に施術な中にストレッチを加えていき筋緊張が出ないように治療していくと予防につながり再発しにくくなってきます(*^^)!!
腰痛でお困りの方は一度当院にご相談ください ^^!
全力で治療いたします!!

PAGETOP