筋膜整体

 

「そろそろ本気で治したい!」と思っている方へ
新しい根本治療「筋膜整体」で、元気なカラダと快適な毎日を取り戻しませんか?

著名なリハビリ教授も推奨する筋膜理論。
そんな理論に基づく「はらやま式筋膜整体」なら、他院では治らなかった症状でさえも、数多くの改善実績があります。

 

こんな症状でお悩みではありませんか?

・五十肩で腕が上がらない
・肩が重い、肩こりがひどい
・頭痛のせいで集中できない
・夜ぐっすり眠れない、変な夢を見る
・目の奥がドーンと重い
・腰痛が治らない

 

仕事がら仕方が無いと思っていたけれど、どんどんひどくなってきて、さすがに困っている。他の病院や治療院を色々回ったけど、結局あんまり良くなっていない…。そんな方が当院にもよくおみえになります。

こうした慢性的な症状の多くは、薬やマッサージ、矯正治療などでは改善しづらいのです。その理由は、筋肉だけでなく「筋膜」にも根本原因があるからです。

 

 

慢性的な痛みや不調の根本原因は「筋膜」!?

「ためしてガッテン」や「金スマ」などでも、頑固な肩こりの真犯人として特集された筋膜。解剖学によってもその存在は認められており、近年ようやく注目され始めた新しい医学的見地です。

筋膜とは、筋肉や内臓、骨を包み込み、全身をくまなく覆っている「膜」のことです。3次元に繋がり合って、立体的な身体を形作っています。そのため、もし筋膜に異常が起きると、その筋膜に包まれている筋肉の動きが制限されたり、血行が悪くなってコリや痛みを生じたりします。

このように、筋膜に原因がある場合、単に患部の筋肉をほぐしたり、骨格を矯正したりするだけでは、痛みが引かなかったり、またすぐに症状が再発してしまいます。筋膜に引きずられて、元に戻ってしまうからです。

ですから、筋膜リリース(筋膜はがし)的な手技によって、硬くなった筋膜を柔らかくしたり、ねじれ(癒着)を伸ばして滑りを良くしたりする必要があるのです。

 

筋膜に異常ができる要因

・長時間同じ姿勢での作業
・姿勢の悪さ
・冷えや血行不良
・過度な負荷・疲労
・精神的ストレス など

 

はらやま式筋膜整体の3つの特長

 

1. 全身のつながりをみて、的確に原因を見つける

痛みの引き金となっている部位は、実は患部では無いことがよくあります。筋膜は全身を覆っ て繋がりあっているからです。腰痛の原因が足裏の硬さにあったり、五十肩の原因が肩甲骨周 りにあったりすることがよくあるのです。

そのため当院では、全身の筋肉のバランスや筋膜の硬さをしっかり診て、痛みの真犯人である 患部から離れた部位にもアプローチしていきます。

解剖学的な知識と長年の臨床経験、そして筋膜に対する専門知識がなければ的確な原因の解明はできません。

 

2. 独自の手技で筋膜の動きをよくする

筋膜は硬くなったり、ねじれてくっついたりしてしまいます。そのため当院では、独自の手技でくっついた膜をジワーと伸ばしたり、指圧のようにゆっくり押したり、ストレッチのように動かしたりすることで、硬くなった組織を緩めて動きを出していきます。

例えば、首の痛みや動きの制限、腕の上げづらさなどは、肩甲骨周りの筋肉と筋膜を整え、肩甲骨の動きを良くすることで改善できることがよくあります。

刺激が強すぎたりやりすぎたりすると、「もみ返し」のように逆に身体へ負担をかけることになるため、長年の経験をもとに、患者様のお身体に合わせて最適な施術を行っていきます。

 

3. 姿勢分析ソフトも活用して、再発を防ぐ

筋膜の異常を招く大きな原因の一つに、姿勢の悪さがあります。姿勢が悪いと、特定の筋肉に負担がかかったり、血行不良で筋膜が硬くなったりしやすいのです。とは言え、解剖学上正しい姿勢を理解している人はほとんどいませんし、自分の姿勢が普段どうなっているかを意識している人も少ないと思います。

そこで当院では、姿勢分析ソフト「ゆがみーる」を用いて、ご自身の姿勢や骨格のゆがみ、筋肉の左右差を、客観的かつ分かりやすく確認して頂きます。ご自身の身体がどうなっているのかを理解できないと、施術やリハビリによる変化も分かりにくいですし、日常生活に戻った時に意識して修正できないため、同じ症状を再発しやすいからです。

ゆがみーるによる分析レポートと一緒に、患者様のライフスタイルに合わせた身体の使い方やストレッチの仕方なども分かりやすく説明していきます。
(ゆがみーるによる姿勢分析は、筋膜整体のオプションです)

 

PAGETOP