院長紹介

 

院長プロフィール

院長 夏目 尚

・柔道整復師(国家資格)
・業界の名門 米田柔整専門学校 卒業
・外傷治療を専門とする接骨院で副院長として約7年勤務
(接骨院的な外傷の見方や脱臼・骨折の鑑別法などを学ぶ)
・手技中心の春日井の接骨院で院長として約3年勤務
(患者様のニーズに合わせた施術法を学ぶ)
・はらやま接骨院の院長に就任

 

 

院長インタビュー

 

Q. 仕事をする上でのこだわりは何ですか?

A. 施術に関しては、痛みのある患部だけを見るのではなく、離れたところも診るようにしています。痛みの本当の原因が、患部外にあることが多いからです。

それから、できる限り分かりやすく説明することを意識しています。難しい言葉や専門用語は使わないように。説明が難しいとチンプンカンプンになって、そっちの処理で頭がいっぱいになってしまうからです。

自分の体がどうなっているのかを理解できないと、結局間違った姿勢や体の使い方を変えられないので、また再発しやすいんです。施術で痛みがとれた、動きが良くなった、の先にあるもの。 「次から症状が出ないようにするには?」を伝えるためには、説明を分かりやすくしないといけないと思うんですよね。

 


Q. なぜ治療家の道を選ばれたのですか?

A. 実は親の影響で、学生時代は大学までずっとテニスをやっていたんです。それで膝が痛い、足が痛い、肩が痛い…とケガをよくしていました。その時に自分でテーピングをしたり、靴にインソールを入れたり、どうすれば痛みが治まるかを自分なりに色々試したりしていたんですよね。それに部活の先輩に頼まれて、よくマッサージもしていました。

今思うと、そういった経験がベースにあったんだと思います。それで将来の進路を考えた時に、自分の興味があることで、分りやすくて人のためになるもの。そんな風に考えた結果、接骨院の先生になろうと。

 

Q. どんな時に仕事のやりがいや楽しさを感じますか?

A. この仕事は本当に楽しいです!仕事をしていれば色々な状況に遭遇しますが、シンドイと思ったことはほとんど無いです。患者さんには本当に恵まれている気がします。

患者さんが良くなっていく姿を見るのが好きですし、患者さんとしゃべるのも好きですし。頼ってもらえるのは嬉しいですよね。

中には「先生の顔を見るだけで良くなった気がする」とか、「朝ご飯も食べられなかったのに、ここ来たら元気になったわ」とおっしゃって頂く方もいらっしゃいますし。

 

Q. どんな治療家を目指していますか?

A. 「ここに来ればなんとかなる!」そんな風に思ってもらえる治療家になるのが一番ですね。 「もう先生何とかして」って頼られるような存在でありたいなぁと。

 

PAGETOP